25歳までには知っておきたいお金の情報サイト

思ったことを僕なりに書いていきます。

「注意」今後重要視されてくる考え方

 

どーもわたです。

 

昨日後輩と話してて思ったことを書いていきます。

 

目次

 

 

 

f:id:wata_FP:20190615022356p:plain

今後重要視されてくる考え方

 

 

結論

 

今日は結論から言っちゃいます。笑

 

信頼する前に、信頼の下見をしろ。

 

 

信頼したい人の下見をすることが大事だと思います。

 

例を挙げると、

「副業 投資」でググったとしましょう。

 

1番上のサイトと、2番目ぐらいまでのサイトは広告なので、

証券会社とかネット銀行のサイトに飛ばされます。

 

3番目ぐらいのサイトにようやく投資について書いてるサイトが出てきます。

 

そのサイトに書いてあることに納得して、書いてあることを信じるとは危ないです。

 

その前に、下見ですよ! し・た・み・!

 

そのサイトを運営している会社まで、ブログなら書いている人までを見ないと!

 

サイトを運営している会社が、銀行や証券会社だったら・・・・

ブログを書いている人が銀行員だったら・・・

 

そこまで下見した方が良くない?ってのが僕の考えです!

 

下見をして損することはないので、ぜひ参考にでも。

 

ネット以外の例

 

例えば投資の話を聞くときでも、その人がどんな人なのか、名前をフェイスブックとか、Googleで検索かけてみるとか。

 

あとよくある勧誘方法として、知識より実践だから早い段階から動こう!

って言ってくる人もいるんですが、

 

それは急がせて判断を鈍らせようとしているだけであって、

基本全部無視でいいと思います。

 

下見をしてからでも遅くないです。

 

しっかり投資の形態や、契約の内容、手数料まで徹底的に下見してから判断する。

 

そこまでする??って思いますよね。額にもよりますが、そこまで徹底する意識を持たないと搾取されます。

 

信頼のためなら

 

半年前の僕は、10個上の人と話をさせてもらえる機会があると、その人の考えや意見をすべて鵜呑みにして、奢ってもらえたらそりゃ感謝と尊敬しちゃってました。

 

半年経った今、その考え方も危なかったなって思ってます。

飯2、3回連れてってもらっただけでその方を信頼しきっていたのです。

 

MLMとか投資の詐欺の被害って、これからどんどん加速すると考えています。

 

ってことはそれに対してのイメージがもっと悪くなるし、

耐性がつく人が増えてきます。

 

そうなると、勧誘したい人たちは、信頼をしてもらうために会う回数を増やしたり、

飯何回か奢ったり、それぐらいしないと信頼してもらえない。

 

それぐらいその人のためにお金と時間を使ってまで、信頼をかって勧誘しないと

自分が稼げなくなるようになるのではないかと思います。

 

だから信頼してもらうために、お金をかけれる人もいるということを

頭の片隅に置いといてください。

 

僕の信頼する人の基準

 

僕は自分の中に信頼する人の基準があります。

 

  1. 知人になって1年以上経過
  2. 何かを判断するときに急かしてこない
  3. 考え方の軸がぶれない

 

だいたい信頼している人はこの3つの条件にあてはまっていると思います。

 

逆に、この条件にあてはまっていない人の言ってることは、

そこまで信じていません。

 

僕のような信頼する人の基準を自分なりに定めるのも一つの方法だと思います。

 

 

まとめ

f:id:wata_FP:20190609025955p:plain

 

いい話だけどその前に下見

下見をして損することはない

信頼のためならお金を出す人もいる

 

 

あくまでも僕の考えなので、参考にでもなればいいなと思います。

僕も過去危なかった経験もあるので、一歩引いて自分を客観的に見直すことを心がけるのも大切なことなのかなとも思います。

 

↓過去僕が30万騙されそうになった時の話です↓

 

wata-fp.hatenablog.com

 

おわりに

 

最後までブログ読んでくれてありがとうございます。

 

信頼っておくが深いですよね。

 

信頼が多い人って本当にすごいですよね。

 

そんな人になりたいです。