25歳までには知っておきたいお金の情報サイト

思ったことを僕なりに書いていきます。

就活生におすすめの就活の漫画

 

どーもわたです。

 

今日は就活生におすすめな就活の漫画を紹介します。

f:id:wata_FP:20190619153610p:plain

銀のアンカー

今年から就活の解禁時期という概念がなくなり、

 

大学一年生からでも、就活ができるような仕組みになりました。

 

一年前の僕がこの本に出合っていたら少しでも

 

就活を違った視点からみれて、もっと経験ができたのではないかと思います。

 

今日の読者のターゲットとしては、

過去の僕、僕のリアルの後輩、子供が大学生の親御さんに向けて書きます。

 

目次

 

 

f:id:wata_FP:20190609025820p:plain

 

銀のアンカー

 

あらすじを少し紹介します。

 

アメリカでヘッドハンティングの会社で働いていた白川義彦が、

日本の経済成長のために、日本に帰化し、日本の就活生にコンサルする。

 

そこに、将来やりたいことが決まってない就活生。

高校大学と、熱中した経験がない男の子が、通い、

就活の目的、就活について役立つ考え方が書いてある内容になっています。

 

 

一巻の半分だけ読めるサイトがあったので、URL載せときます。

 

https://www.cmoa.jp/title/37257/

 

僕がおすすめしたいポイント

 

・漫画という媒体

・2007年に発行された漫画なのに、現在今起きていることが書いてある。

・企業のゲスイ部分まで書いてある。

・人事部の考え方、求めている人、見ているところも書いてある。

・社会の考え方も書いてある。

 

漫画という媒体

 

就活とかビジネスといわれると、難しい、ビジネス書籍をイメージしますが、

銀のアンカーは、漫画全8巻で、僕はぶっ通しで4時間ぐらいで読み終わっちゃいました。

 

漫画のほうが読みやすいし、頭に入ってきやすい、場面を想像しやすいなど、

漫画ならではのメリットが存分に生かされていると思いました。

 

また一番のメリットが、漫画喫茶においてある可能性が高いということです。

普通一冊505円で全部買うと、4000円ぐらいかかります。

 

しかし漫画喫茶で、長くて6時間滞在したとしても、コーヒーやドリンク飲み放題で

1000円とかですよね。

 

ほんとコスパ最強です。

 

 2007年に発行されたのに、現在今起きていることが書いてある

 

12年前銀行って、まだまだ安定といわれている時代でしたよね、

 

なのにこの漫画には銀行は今やもう危ういと表している場面もありました。

 

作者は長い時代をみて、この漫画を描き、どうすれば伝わるのかまで

計算された漫画だと僕は感じました。

 

・企業のゲスイ部分まで書いてある
・人事部の考え方、求めている人、見ているところも書いてある

 

 

大学のキャリア支援室の人も絶対教えてくれない社会のゲスイ部分や、

企業側からみた、就活の考え方、

どうゆう力、どうゆう着眼点、など細かく描かれていました。

 

 僕もこの企業側からの就活という行事の見方を一年前に知っておきたかった、、、

 

社会の考え方も書いてある

 

僕が銀のアンカーで一番印象に受けた場面を紹介した過ぎて、ブログにしちゃいました。

 

その内容は、

 

日本は昔から、失敗したら終わりという文化があります。

日本には再チャレンジできるシステムがない。

システムがないのはその再チャレンジする精神がないから、

なぜ国民にその精神がないのか、

 

それは、日本には「ハラキリ」

切腹の文化だから。

この国の人たちにとって、失敗とはすなわち「死」

一度しくじったら死んで詫びる。

これが日本の責任の取り方の基本だから。

 

アメリカはその逆

「まず失敗してから来い」

アメリカが移民の国だから、

つまりアメリカに移住してきた人は

全員本国でうまく生きられなかった人々、

失敗した人々なのです。

 

だから「失敗からの再生」は当たり前の事

だからアメリカ人は失敗を恐れないタフな精神があるのです。

 

 

という内容です。(伝えた過ぎて、文がめちゃ長くなってしまいました。)

 

この考え方って、確かにそうで、日本て失敗したら終わりっていう考え方がなぜか

根付いてますよね、、、、

 

就活生におすすめしたのですが、

普通に社会の事や、考え方まで書いてあるので、リアルなら、先輩や友達にも

ガンガン勧めようと思っています。

 

こうゆう本を、高校とかの推薦図書にすればいいのにね、、、

なぜかお金の勉強は全くしないし、、、

まあ、お金の知識をつけてほしくないんだよね国からしたら、、、

 

まとめ

f:id:wata_FP:20190609025820p:plain

 

就活生は一回でもいいから読む

日本の失敗したら終わりという精神は「切腹」という

昔の文化、精神が根付いているから

 

 

おわりに

 

最後までブログ読んでくれてありがとうございました。

 

最近読者になってくれた方のブログを読むようにしてるんですけど、

ブログというか文章って、その人の個性というか、その人のイメージができますよね。

 

僕の読者さんからのイメージってどんなんだろう。

固いことばっか書いてるから、ガリ勉眼鏡とかイメージされてそう笑

 

僕のブログの方針としては、

固いことを僕なりに、ゆるく、読みやすいように表現していくって感じで書いていきます。

 

これからも応援よろしくお願いします。

 

コメントくれるだけでテンションめちゃくちゃ上がります!!

 

↓おすすめ記事↓

 投資という固い難しいことを僕なりに書いています。

 

wata-fp.hatenablog.com